後ろが痛い時ほど前を緩める?|中野富士見町の整骨院 富士見町fine整骨院 はり灸マッサージ院

  • 初診の方は必ずご予約ください

    0363825560

  • 受付
    【月~土】11:00~14:00 / 16:00~21:00
    【日曜・祝日】11:00~16:30
    定休日
     木曜日・第3日曜日
  • ネット予約はコチラ
  • 富士見町fine整骨院 マッサージ鍼灸院インスタグラム

初診の方へ

予約フォームからご予約の際は
ご面倒ですが連続で二枠お取りください。

初診の方へ

予約フォームからご予約の際は
ご面倒ですが連続で二枠お取りください。

スタッフブログ

後ろが痛い時ほど前を緩める?

 

 

腸腰筋と殿筋というのは骨盤の腸骨を表裏にして位置する筋群です。

言わずもがな腰痛とは切っても切れない存在で、お互い拮抗筋のような関係で姿勢維持をするために働いています。

 

腸腰筋が痛い!という訴えで来られる患者さんはまずいないのですが、

前屈をすると臀部から腰に掛けて痛みを訴える方というのは多くいらっしゃいます。

 

この時に「ああ、臀部から腰にかけて痛いんだね」と安易に痛む箇所をほぐしてしまうと

前屈での痛みが余計に悪化する場合があります。

 

何故なら伸張負荷に耐えながら等尺性の収縮をして姿勢を支えていた筋肉を緩めてしまったら姿勢が維持できなくなるからです。

ではどうするか、というと腸腰筋に着目します。

 

股関節前方の伸展方向へのブロックを取ってあげると

あら不思議、腰の前屈痛が取れてしまうのです。(力学的に考えれば当然ではあるのですが)

これも大前提である解剖学的肢位に近づけるということに一致します。

要は骨盤の位置を正常な位置に戻してあげるということですね。

ページトップへ戻る